豊胸手術について

 

豊胸手術する前に知っておきたいコト

 

美容クリニックでは豊胸手術のを受けることができますが、いくつかの種類はあり、それぞれにかかる費用にも違いがあります。種類としてはシリコンバッグ挿入法である、バッグプロテーゼ挿入法は、昔から美容外科で行ってきた方法です。自分の脂肪を利用する脂肪注入法や、安全性が高いとされているヒアルロン酸注入の方法もあります。

 

液体やジェルなどを中に詰めているインプラントを使うのが、シリコンバッグ挿入法になります。その内容物には種類が豊富であるために、その人の要望を重視しながら、ハイドロジェルや生理食塩水、シリコンといった素材からチョイスができます。脂肪や乳腺の形状や、希望のサイズ、それに見た目とともに触り心地なども併せて選ぶことができます。

 

バッグプロテーゼ挿入法での豊胸手術は、一般的には美容外科クリニックで手術をすると、およそ50万円から120万円前後が目安のプライスとなってきます。

 

本人の不要な脂肪をバストに入れてサイズアップを目指す、脂肪注入による豊胸手術もあります。メスを使わないでできる方法ですので、肉体的な負担は少なくなります。切る手術方法ではないので、ダウンタイムも短い期間ですみます。

 

脂肪注入での豊胸は、基本料金が30万円から50万円であり、これに脂肪吸引を行う手術の費用が発生をします。脂肪注入法は本人の脂肪を使うので、拒絶反応は行らないものの、脂肪吸引の手術があることも頭に入れておきましょう。

 

手軽にできるとして近年では人気が高いのが、バストにヒアルロン酸を注入する方法です。バストアップといっても、プチ整形のようなプチ豊胸の治療になります。ヒアルロン酸は、どれくらいの量を注入するかにもよりますので、その量によって金額が変わってきます。1tのヒアルロン酸は、だいたい3,000円から4,000円といったところでしょう。ヒアルロン酸の豊胸はすぐにできるので、手術といってもほんの30分くらいです。