美容整形は何才からやることができるの?

 

美容整形は何才からやることができるの?

 

美容整形が適応する年齢というのは、手術無い様によって異なり医師の考え方によっても異なります。そのため、早期に受ける事ができる手術というのは痣に対する除去手術や黒子に対する手術です。この2つの除去手術に関しては、その子の将来性を考えた上で、身体の成長過程で綺麗に治る可能性の高い時期に行います。結果として5歳や6歳ていどで美容整形手術を受ける事が可能になります。

 

また、この年齢に関してもクリニックや医師によって異なるので注意が必要です。子供に対して行う美容整形手術は、将来的に考えていじめの対象になる場合や通常の生活に支障が出てくる可能性が高い場合に行うのが特徴です。特にまぶたは12歳ていどで大方の成長をやめてしまうので顔の手術に関しては、12歳程度でも可能となります。

 

ここで最も重要な事は、手術が可能な年齢だとしても本人に手術を受ける意志があるのかという点です。子供はまだ全ての判断を行える「わけではないため、親に依存する事が当たり前です。その分親の意志が強く入ってしまうケースもあるため、必ず自分の意志はどうなのかをはっきりとする事が大切です。

 

また、クリニックや医師によっては、手術が行える年齢だとしても親と子供の両方のカウンセリングを行った時の判断で断る事もあります。更に、一重に悩む場合に大人の場合であれば無理が無い程度に好きな形状にする事ができますが、子供の場合であれば自然的な無理のない普通の二重が基本となります。そのため、手術をする場合でもその点を納得できない場合には、手術を行う事ができない事もあります。

 

また、いじめの対象となっている部位に関しては、問題点が身体が原因ではないかぎり、いじめの対象となっている部位の手術は行わない場合があり、いじめからくる精神的苦痛はカウンセラーなどに相談する事を優先するように伝えられる事もあります。子供と大人とでは美容整形を行う理由が異なる事もあり、その境目はあいまいですが成長過程では、無理をして美容整形を行う事は避けるというのが基本です。